<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
アジアと日本のシーフードショー
さて、シーフードショーを駆け足で巡ります。アジアからの出展も多かったのですが、ほぼ全てで日本語の通訳がいなくて、商談はおろか見学者すらいないブースばかりでした。もったいないですね。

また、期待していた養殖に関係するテーマがほとんどなくて、残念でした。鯨についても注目していたのですが、めぼしい話は聞けませんでした。

ということで、会場内をブラブラ。
c0095731_10123125.jpg

おさかな企画は針で魚を休眠状態にして、鮮度を保つ技術を確立しました。10年前に針を使う手法を見出したそうですが、商業的な導入はこれからとのこと。
c0095731_10133013.jpg

世界各地のうに漁獲地。バフンウニやムラサキウニは海流の影響で生息地は異なるそうです。
c0095731_10144652.jpg

見た目の色で、両者は見分けがつきます。日本国内で唯一、ウニの養殖(生育補助)をしている漁業組合があるそうです。いつか取材してみたいものです。
c0095731_10124990.jpg

漁師さん達のバンドなどを紹介するコーナー。まったり、会場を眺めて終了しました。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-30 10:16 | 読む聞く知る
シーフードショーを訪れる。
シーフードショーに行ってきました。写真は全国かまぼこ連合会の展示で、北海道から九州まで、色鮮やかな物が並んでいました。
c0095731_8564356.jpg

http://www.exhibitiontech.com/seafood/
ウニ、鰻、フカヒレなど、世界中の魚の面白い話が聞けました。詳しくは後日。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-24 08:58 | 読む聞く知る
泡盛ゆんたく会in東京
夏ですねー。先週、今年初の蝉の声を聞きました。昨日、緑道を歩いていて足許でカエルが跳ねました。都内のコンクリートジャングルにも夏の生き物が生息しているんですよね。

さて、泡盛のイベント記事がアップされました。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/07/20/awamori/index.html
c0095731_857834.jpg

第23代目の泡盛の女王達も活躍していました。楽しいイベントでした。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-23 08:57 | ライター仕事
「SEX AND THE CITY」公式カクテルが飲めるバー
映画「SEX AND THE CITY」公開(8月)に合わせ、オフィシャルカクテルを飲める店が登場したようです。

http://www.suntory.co.jp/liqueur/skyy/campaign/index.html

8月31日までの期間限定です。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-15 13:24 | 読む聞く知る
魯山人の飲んだ日本酒の味
魯山人と知人の会話として、次のような記録が残っています。

知人「こんな分厚い盃で酒飲むのは好きじゃないな」
魯山人「今に好きになりますよ」

魯山人の作品録を見ると、口の分厚い盃ばかりではなく、薄口の陶器もあります。しかし、湯飲みと言っても過言ではないほど厚みのある縁の盃もあります。

これまで何千種類と日本酒を飲んできましたが、分厚い盃に合う日本酒というのはありませんでした。理屈で考えて、こういうタイプならば分厚くてもありだ、というのはあります。しかし、分厚い方がいいということではありません。

以前熟成酒の取材をしたとき、地元の熟成酒と地元の焼き物の組み合わせをいくつか調べました。これは趣向として面白いですが、あくまでも味わいの幅を広げる遊びです。

先日の泡の記事と関連しますが、酒器についてあらためて書かせていただく機会があると思います。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-11 22:51 | 読む聞く知る
お酒の泡
お酒の泡について。お酒は、発酵の段階で二酸化炭素が発生し、液体に溶け込みます。ろ過や火入れの処理で失われていくので、工業的に注入することもあります。

なぜビールの泡が消えなくて、発泡酒の泡はすぐ消えるか不思議ではありませんか? ビールはタンパク質とα酸が結合し、泡持ちがよいそうです。界面活性剤の働きもあるとか。

シャンパンは、グラスの中で泡が立ち上る様がきれいですね。科学的に見ると、グラスの中で泡が発生するためにはグラス内の汚れがなくてはなりません。油汚れの落ちていないグラスだと、グラスのいろんな箇所から泡が発生しています。

しかし、これはあくまでも基本です。グラスメーカーの中には「きれいな泡の立ち上り」を構想して、設計している例もあります。

わざわざこんなことを述べるのは、ある科学者が「汚れ=泡立ち」を強調していて、これだけが事実と受けとめかねられないと危惧しているからです。

いずれ機会があれば検証記事を書きます。こういった話は大手メーカーも研究していますが、知財としてあまりオープンにはしていないんですよね。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-09 23:59 | 読む聞く知る
セブン-イレブンネットで「魔王」「森伊蔵」も買えます
「週刊朝日」でひと仕事しました。137ページ「セブン-イレブン、ほろよい気分」です。
c0095731_14193553.jpg

セブン-イレブンネット
http://www.711net.jp/

セブン-イレブンネットでは、本格的な酒類販売に乗り出します。「魔王」「森伊蔵」のような入手困難な焼酎は抽選で販売。ほかに地方の地酒を次々発掘し、販売していきます。

ポイントはふたつ。

ひとつ目。一般の流通には出せないような、数が限られる商品があること。蔵元でタンク1本分だけあった古酒を「発見」したことにより、販売が決まったケースがあるそうです。

ふたつ目。地方のレギュラー酒があること。この点は、とてもありがたいですね。お酒の専門店は品揃えがほぼ固定しているし、百貨店も普通酒やらは扱っていません。このコンセプトは地味ですが、面白いと思います。

送料が無料、これまた消費者の味方ですね。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-08 14:21 | ライター仕事
日本酒フェア、酒サムライ
日本酒フェアのイベント報告の記事がアップされました。

意外に知らない日本酒 - イベントを通して様々な可能性を考える
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/07/05/nihonsyu/index.html

日本酒造青年協議会による「『日本酒資格制度(仮称)』創設に関する提言」は興味深いもので、日本酒の地位向上のための転機となることでしょう。酒サムライの活動は、今後目が離せません。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-05 22:17 | ライター仕事
ミクソロジーカクテルinニューオータニ
ホテルニューオータニで2008年7月1日(火)~9月30日(火)の期間中、ミクソロジーカクテルを提供します。

http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/recommend/mixology/index.html

メニュー
<Marvelous Bellini マーベラス・ベリーニ>
<Fruity Tomatiniフルーティー・トマティーニ>
<English Breakfast Martini イングリッシュ・ブレックファースト・マティーニ>
<Golden Paineapple-tini ゴールデン・パインアップルティーニ>
<Sweet Dog スイート・ドッグ>

海風に吹かれながら飲みたいようなカクテル達です。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-05 09:09 | 読む聞く知る
ウォッカ100、吟醸酒1000
ちょっと説明不足だったので、補足します。私が記事を書いたのは柴田書店「居酒屋のメニューと経営 焼き鳥&鶏料理」です。巻頭の「めざすは100%国産原料のウイスキー 秩父蒸留所」と、166ページ~169ページの酒類業界トピックです。

後者ではここ半年のイベントを広く紹介しています。ヴィーニ・ジャポンやジェノスのウォッカ試飲展示会、全国新酒鑑評会、アペリティフの日などです。「YK35も今は昔・・・」という解説など、業界の今をしっかり書けたという感想を持っています。

ぜひ、ご購入下さい。2500円+税です。飲み会を1回パスする覚悟で、ぜひ・・・。
[PR]
by sake_writer | 2008-07-05 09:02 | ライター仕事
  

お酒は生きています。お酒を深く知ることが日本を、世界を旅するきっかけとなればと思います。
by sake_writer
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お酒と四季のことば
ライター仕事
食べ歩き
読む聞く知る
散歩、旅
飲食店を始めるまで。
生産者(蔵元など)訪問
店主からのお知らせ
日々のご報告など
蕎麦に銘酒 野饗公式ブログ
今週のメニュー
そば栽培
未分類
最新のトラックバック
アペリティフの日
from みんなが注目してるコトとは?
セクシーボイス アンド ロボ
from セクシーボイス アンド ロボ
リアディゾンが松山ケンイ..
from 芸能お宝情報局
ファン
ブログジャンル
食べ歩き
料理家
画像一覧