<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ビオワイン試飲
さて、7月も今日で終わりです。ここに来てようやくジメジメ暑い夏が到来したようです。

先日のティエリ・ピュズラ氏来日に際する試飲会の簡単な総括をしたいと思います。
c0095731_12492731.jpg

自然派のワインを飲んでいていつも思ったのが「従来のワインでよく使われるぶどう品種がまず使われていない」ということでした。

確か大岡さんはどこかで「自然派の造り方だと○○品種のぶどうがいい」とおっしゃっていました。ブドウ栽培や醸造過程での素材の素直さも判断材料でしょうし、味の組み立てという意味でも自然派ならこの品種、という考えがあるのでしょう。

ということで、自然派でシャルドネとかカベルネソービニョンを飲む機会はあまりありませんでした。ところが今回、シャルドネを使ったワインが試飲会にありました。

シャルドネ100%と、シャルドネ80%・ソーヴィニョン20%の白ワインをいただきました。前者はフレッシュ、後者のそれは濃厚でオイリーでした。

他にも面白いワインが多数ありました。「土地の力を引き出す」のが彼のワイン造りです。バリエーションも豊か。

というわけで、まだまだ自然派の世界は語り尽くせません。自然派をテーマにもう一仕事、しますよ。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-31 12:51 | ライター仕事
麻布十番祭り2007
そろそろ麻布十番祭りの季節です。8月24日(金)25日(土)26日(日)の15時~21時だそうです。

http://www.azabujuban.or.jp/event/poster_20070824.html

グラスシャンパンを野外で飲めたり、人気店のテイクアウトを食べられたり、国際バザールの広場では世界中のファストフード等が並びます。

この祭りの唯一の難点が、とても混み合うことです。時間帯によっては2メートル進むのに1分かかります。出店箇所や出店数を調整しないことには、解決しないでしょう。

なかなか面白いイベントなんですがね。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-30 18:56 | 食べ歩き
自然派ワインのティエリ・ピュズラ来日
本日、自然派ワインの造り手ティエリ・ピュズラ氏に会いました。都内で試飲会があったので、いろいろお話を伺いました。ワイン醸造時に亜硫酸を使用しないというこだわりが、自分の飲みたいワインを造るための手段でしかないという考え方。お酒の造り手がお酒を愛していることが伝わるお話しがたくさんありました。

今まで何人も、お酒を愛するがあまり造り手になった方に会ってきました。こういった方々は仕事上であってもひじょうにフレンドリーで、人間味がうかがえます。こういった出会いは一期一会、この仕事をしていて良かったなと思える瞬間です。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-27 17:42 | ライター仕事
AERA「安心・安全を食べたい」で記事書きました
AERA臨時増刊号の「安心・安全を食べたい」でひと仕事しました。
c0095731_9235120.jpg

ビオワインの記事と日本酒の記事を書いています。

-目次-
「女性に人気 でも本家フランスでは」
ビオワインは健康というイメージが先行し、じわじわと人気が拡大しています。しかし、造り手が見た生産地は必ずしも安全ではない、ということでした。美味しいビオワインを選ぶためにも、なかなか語られることのなかった問題点を見ておくべきでしょう。

「4本に1本受賞 背景に官・業の・・・」
日本酒の全国新酒鑑評会では4本に1本が金賞を受賞しています。割合が高すぎて、重みを感じない金賞。いったいどういう意味があるのでしょうか。その歴史を繙くと、埋もれかけていた事実が見えてきます。

この2本の記事はとても気合いの入った取材をしまして、全然書ききれませんでした。自然派の造り手をもっと正面から書きたいですし、日本酒についても昔堅気の熱い鑑定官がいると聞きました。

近いうちにまた自然派ワインと日本酒の記事を書きたいと思います。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-26 09:41 | ライター仕事
「焼酎と九州料理 九州黒男児」のレセプション
ダイヤモンドダイニングの新店のレセプションに行ってまいりました。100店舗100業態を目指し、今年3月6日、ヘラクレスに上場してから勢いがついて出店がピークを迎えているようです。

http://www.diamond-dining.com/shop_info/kurodanji/index.html

目安としては2010年に100店舗達成ということでした。今後は毎月1店舗のペースで実現できるわけです。

料理は明太子に始まり、東国原知事で人気に火のついたチキン南蛮や六白豚の溶岩焼き、馬刺し、五島うどんをいただきました。九州のうまいもんを1度に食べられる、これが東京の外食の「よかとこ」ですね。

オープンは明日26日(木)です。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-25 09:36 | ライター仕事
築地夏祭り(7/28)
今週末の7月28日(土)に築地夏祭りが開催されます。

http://www.tsukiji.or.jp/new/summer200707.html

キリンビールと共催ということでどんなイベントなのか楽しみなのですが、HPからは様子が目に浮かびません・・・。普段はバスの駐車場として使われているスペースで行われるようです。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-24 18:20 | 食べ歩き
週刊朝日「街ナカで、テラスで、ビールに酔う!」
出勤途中でせみが鳴いていました。夏ですね。

本日発売の「週刊朝日」で「街ナカで、テラスで、ビールに酔う!」ページを担当しました。
c0095731_926429.jpg

http://opendoors.asahi.com/data/detail/8259.shtml

新丸ビル、東京ミッドタウンをはじめとする人気商業施設や、運河沿いのレストランなど、この季節を楽しめる、テラス席のあるレストランをたくさんご紹介しています。ニューオープンばかりにとらわれず、ビールを気持ちよく飲める店を積極的に取り上げています。

「外でビールを飲みたいけれど、ビアガーデンみたいに騒ぎたくない」という方におすすめしたいお店です。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-24 11:06 | ライター仕事
六本木の夏バカンス
夏ですね。夏といえば夏休み。人混みを飛び出して、バカンスに出掛けたいものです。
c0095731_6162323.jpg

さて、ここはどこでしょう?公園に見えますね。
c0095731_6183071.jpg

実はここ、レストランです。
c0095731_6165797.jpg

居心地の良さそうな場所です。ここは六本木。東京ミッドタウンにはこんなテラスもあるんですね。施設内はシャープな空間で、狭さすら感じてしまいますが、テラスからの眺めは最高です。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-19 06:22 | ライター仕事
「和醸和楽」SAKEアカデミー創設
昨日、「和醸和楽」の設立記者発表がありました。

田酒の西田司社長(「和醸和楽」会長)は「日本では海外の来賓を迎える晩餐会にて、日本酒でもてなしをしているという話を聞いたことがない」と言って、このSAKEアカデミー設立の経緯を話しました。
c0095731_7252626.jpg

会員には売れ筋の日本酒の蔵元がずらりと名前を並べています。田酒、十四代、黒龍、磯自慢・・・。

日本酒を広めるためのイベントには積極的に協力していただけるそうです。記者発表の後、「日経EW」が読者イベントを開催したようです。歌舞伎役者のような顔立ちの久野九平治さん(写真右端)は「醸し人九平次」の蔵元の方。彼を講師に立てたそうです。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-14 07:25 | ライター仕事
新店「ルピーナ」栗本清シェフが青山にオープン
栗本清シェフが青山にイタリアンの新店をオープンさせます。昨日レセプションがありました。

http://www.chojin-chef.jp/blog/kurimoto/2007/06/post_2.html

営業時間:11:30-15:00/18:00-23:30
住所:東京都港区南青山5丁目11-10 南青山511ビルB1

ビオワインを扱っていると伺っていたのですが、まだドリンクメニューは決定していないとのこと。5種類はボトル販売しているようです。
[PR]
by sake_writer | 2007-07-13 08:12 | ライター仕事
  

お酒は生きています。お酒を深く知ることが日本を、世界を旅するきっかけとなればと思います。
by sake_writer
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お酒と四季のことば
ライター仕事
食べ歩き
読む聞く知る
散歩、旅
飲食店を始めるまで。
生産者(蔵元など)訪問
店主からのお知らせ
日々のご報告など
蕎麦に銘酒 野饗公式ブログ
今週のメニュー
そば栽培
未分類
最新のトラックバック
アペリティフの日
from みんなが注目してるコトとは?
セクシーボイス アンド ロボ
from セクシーボイス アンド ロボ
リアディゾンが松山ケンイ..
from 芸能お宝情報局
ファン
ブログジャンル
食べ歩き
料理家
画像一覧