<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ビアガーデン、ストリップバー、銭湯
昨日今日と好天が続いています。外を歩いていると半分くらいの方がシャツ1枚で、Tシャツのみの方もチラホラいました。さすがGW、子連れの夫婦も多くて、のどかでした。

銭湯の前を通ると、オープンを待つおじいちゃんおばあちゃんが前に座り込んでいました。なんか懐かしいなと思いました。そうそう、この風景は京成立石の「うちだ」でも見ました。

15時過ぎに、もつ焼きの店に行列が出来ています。半分以上がおじさんおばさんで、競馬新聞を手にした男性も。時折スーツの男性もいます。自分は失業中で、友人が励まそうと誘ってくれたから行けましたが、16時には満席・ウエイティングの「うちだ」はそれ以降利用する機会がありません。懐かしい思い出です。

昼酒はいいですね。韓国でも昼から飲んでいましたが、ロシアでも陽のあるうちに飲み出していました。インツーリストホテルの地下にはストリップショーをやるバーがあって・・・。これも懐かしい思い出です。

そろそろビアガーデンもオープンしますし。夏の気配が迫っています。今年も暑くなりそうですね。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-30 15:29 | 食べ歩き
日本酒となめろう、ウイスキー、そして焼き鳥
久し振りに渋谷で日本酒を飲みました。渋谷は間口が広くて、若い方も多いですが、大人の店もひっそりとあります。

なめろうに菊姫を合わせたのですが、とても美味しかったです。普段料理とお酒の相性はあまり口にしないのですが、こればっかりは言わずも飲んで「ぴったり!」と感銘を受けました。

今日はアイルランドの歴史をなぞりながら、ウイスキーをいただきました。歴史とか地理とか政治とか、本場のお酒と共に嗜むととても為になります。お酒の奥深さが受け容れられるのです。

食べながらでも、本を読みながらでもお酒はおいしいです。でも、いちばん好きなのは料理しながら飲むお酒です。パスタが茹で上がるタイミングを待ったり、アスパラの火の通り具合を見たり、空心菜の炒めを味見したり。なめろうと日本酒のような出会いはまずないですが、過程が楽しい。

ところで、近頃焼き鳥のおいしい店を探しています。「バードコート」のような高級店は望んでいません。以前旭川で食べた、おいしい地鶏の炭火焼に匹敵する焼き鳥が食べたい。いつ食べられることやら・・・。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-29 19:55 | 食べ歩き
シャンパン。金沢のゴリ、加賀の魯山人
最近シャンパンの仕事をしました。近々公開されますが、その関係でよくシャンパンを飲みます。今も「アリストン ブリュット」を飲みながら書いています。シードルかと間違ってしまうくらいにリンゴのような果実味がたっぷり。酸味がしっかりしていて、好みです。

5月は楽しみがいっぱいです。ミニ酒の会があり、編集者の集いがあり。後輩の就職祝い&元同僚のぎっくり腰回復祝いにイタリアンに食事に行くのですが、シャンパンの仕事をしたばかりということで、サプライズで私指名のシャンパンを用意してもらっています。役得と言いましょうか。皆酒飲みだから、シャンパンを干してワインも2本くらい開けるのだろうなーと思っています。

ところで、近々石川県に出張してまいります。私は酒をメインに飲食にまつわるネタは何もかもが仕事の範囲ですので、空き時間はフルに地元の食を堪能させていただきます。なまこ、ゴリ、金沢うどん食べたいですね。他にお酒も楽しみにしています。

先日の熟成酒の取材中に焼き物への興味がぐんぐんと膨らみました。能登も焼き物の名産地。時間があれば見てみたいし、つくってみたいですが。加賀には魯山人の名前も残っていますよね。いかんせん、1泊では難しい。

帰ってきたら改めてご報告します。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-28 23:03 | ライター仕事
吟醸酒が約500揃う、日本酒フェア
昨年から楽しみにしていた「全国新酒鑑評会」東京版開催まであと1ヶ月とちょっとになりました。私は「日本酒で乾杯」委員会に参加しているので、お知らせの手紙が届きました。

日本酒フェア2007
http://www.sunshinecity.co.jp/event/117576441346460573.html

「日本酒で乾杯」委員会とはまさに日本酒で乾杯することを推奨する団体です。会費は無料。私は美味しいお酒ごとに店を替えます。ビールの美味しい店ではビールを飲み、日本酒が飲みたくなったら日本酒の美味しい店に替えます。店を替えるごとに乾杯しているから、「日本酒で乾杯」をしっかり守っています。

さて、上記日本酒フェアは約500種類の吟醸酒が集まります。これだけの数を地域別の利き酒できる機会はまずありません。地域ごとに味の特徴が見られることもあります。日本酒好きには見逃せないイベントです。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-23 12:32 | 食べ歩き
ドライマティーニとマグナムフォト
念願の「LADY JANE」初来店を果たしました。外から覗くのと中の雰囲気はけっこう違いました。中はロッジ風の喫茶店のようで、ジャズや映画、演劇のポスターやパンフレットが所狭しとあります。こういうのを見ると下北沢の再開発を積極的に肯んじられなくなりますね。

頼んだのはドライマティーニ。松田優作の面影を感じようと訪れたのですが、店の方の「今の生きている芸術を大切にしたい」という気持ちがしっかりと感じられて、ミーハーな気持ちはさっぱり忘れました。

そして今日、恵比寿の東京都写真美術館を訪れました。マグナムフォトの写真展は必ず見に来たいと思っていました。50年前から振り返る日本の写真たち。食卓の写真もあり、勉強になりました。昔、図書館で見た志賀直哉の写真集にも食卓が撮されていましたのを記憶しています。用の美が生活に具現されていて、感心したのを覚えています。

恵比寿ガーデンプレイスではエビス「ザ・ホップ」がドラフトで飲めると聞いていたのですが、ちょっと疲れていましたし、最近はシャンパンを飲むようにしているので、そのまま帰りました。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-21 18:14 | 食べ歩き
東京農大と「レディージェーン」
今日初めて、取材で東京農大を訪れました。気付いてみると、経堂駅で降りるのも初めてでした。若い方からお母さん、そしておじいちゃんまで、老若男女がたくさん歩いています。魅力的な街ですね。

取材が終わって下北沢に20時、降り立ちました。人が多いですねー。駅前は若い年齢層が多いですが、少し離れた渋い店には50前後の夫婦で満席になっている飲食店がポツポツありました。下北沢の飲食店はもっと開拓する価値がありますね。

以前から気になっていて入ったことのない「レディージェーン」。松田優作がよく訪れたそうですね。今度、ここでカクテルを飲みたいと思います。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-19 21:52 | ライター仕事
わたしのしごと
酒ライターとしてデビューしてから9ヶ月が立ちました。飲食の世界での経験はもっと長いですし、数年前から飲食ニュースの配信に携わっています。その経験から、最近お店診断(覆面調査)を依頼されたり、レセプションに呼んでいただけるようになりました。

私は外食企業に勤めていた経験がありますので、1度の訪問で飲食店のオペレーションやコンセプトを見抜く自信があります。レセプションも30以上、足を運んでいます。

言えることはたくさんあります。でも、相手が同じだけの意識を持っていないと、言葉にしても伝わりません。できることならお手伝いしたい場合でも、助言できない場合があります。

私は書くことが本職ですが、提案することも幾多こなしてきました。そのような依頼があれば、はっきりと言っていただきたいと思います。そうすれば、まず何が足りないのかということからお話しできます。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-18 20:56 | ライター仕事
注目を集める長期熟成日本酒の魅力に迫る
熟成酒のレポートに取材協力しました。

「過去から現在への贈り物 - 注目を集める長期熟成日本酒の魅力に迫る」
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/04/17/nihonsyu/index.html

前回、週末に『本朝食鑑』を読んでいると書きましたが、このリポートに活かされています。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-18 20:02 | ライター仕事
マイセラーと鉢植えハーブ
酒ライターとかリカーライターと名乗っていると、決まって聞かれることがあります。当初は「そんなことないですよ」とお答えすることも多かったのですが、いつの間にかイメージされているとおりの生活になってきた気がします。

まず、「毎日飲まれるんですか」と聞かれます。ほぼ毎日飲んでいます。最近はテーマを決めて、1ヶ月間同じお酒(焼酎月間とか、シャンパン月間とか)を飲みます。しかしいちばん楽しいのはプライベートで飲んでいるときです。

「自分のセラーを持っていますか」という質問も多いですね。言われるようになって、お酒ストックのスペースをつくりました。お酒の会などで少しずつ放出していこうと思っています。

「いちばん好きなお酒は何ですか?」と、これは答えに躊躇してしまいます。お酒を知る過程が楽しいので、どの酒類でもあれこれ選ぶ時間が好きです。お酒本来の味が味わえる店で飲むのが好きですね。

お酒を専門としたライターにどれほど需要があるのかと思っていましたが、ここのところ仕事が増えてまいりまして、週末も調べ物をしています。今は『本朝食鑑』を読んでいるところです。

この間の花見会で庭に植えられていたローズマリーをいただきました。日光の下、土に植えたワイルド・ローズマリーは香りが強くて、鶏の炙り焼きに最高でした。ローズマリーなら肉の香り付けだけでなく、ピザにも使えそうです。鉢植えを始めようか、迷っています。

ミントもいいですね。モヒート大好きですから、夏はずいぶんお世話になりそうです。
[PR]
by sake_writer | 2007-04-15 12:44 | お酒と四季のことば
桜とワイン、春風と日本酒
おかげさまで今年は無事2回の花見を敢行できました。「八芳園」で毎年ソペクサがワインの試飲会を兼ねた花見会を開催していたんですね。今年初めて参加しました。

石渡邸の花見会はくだけた雰囲気で、楽しかったです。散り際の桜もいいですね。

人さらに若きことなし 時須く惜しむべし
年常に春ならず 酒を空しくすることなかれ

私はこの歌を名刺の裏に印刷していますが、まさに春風の中の花見会は、気持ちよくお酒が飲めました。次は夏にバーベキュー会??
[PR]
by sake_writer | 2007-04-10 13:23 | お酒と四季のことば
  

お酒は生きています。お酒を深く知ることが日本を、世界を旅するきっかけとなればと思います。
by sake_writer
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お酒と四季のことば
ライター仕事
食べ歩き
読む聞く知る
散歩、旅
飲食店を始めるまで。
生産者(蔵元など)訪問
店主からのお知らせ
日々のご報告など
蕎麦に銘酒 野饗公式ブログ
今週のメニュー
そば栽培
未分類
最新のトラックバック
アペリティフの日
from みんなが注目してるコトとは?
セクシーボイス アンド ロボ
from セクシーボイス アンド ロボ
リアディゾンが松山ケンイ..
from 芸能お宝情報局
ファン
ブログジャンル
食べ歩き
料理家
画像一覧