<   2006年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
おいしい仕事と美味ブログ
c0095731_1321151.jpg

講談社ムック[セオリー]Vol.5「おいしい仕事」を頂戴しました。直接はお仕事していないのですが、企画段階でちょっとお話をする機会があったので、送っていただけたようです。

この中で私がいちばん興味を惹かれたのが「雑誌・ネットの『お店紹介』はどこまで信用できるのか」というレポートです。

ここでは記事内容の真贋(表裏)というポイントに絞って話が展開しています。そこで、私は「もっとおいしいお店にたくさん出会う」ためのブログ(記事)判別方法を書いてみます。

■いいブログの条件(2つだけ)

1.判断材料がたくさんある
「写真」「○○という理由でおいしいorまずい」

「写真」は貴重な素材です。素材の組み合わせや温度・香り等最大限のパフォーマンスを引き出すための工夫があるか、読み解くのです。

たとえばウニのお寿司。海苔で巻くのか、香りを大切にしてキュウリで巻くのか、それともハイレベルなテクニックで握りにしてしまうのか。そういうところにお店を選ぶポイントがあります。

「おいしい(好き)orまずい(嫌い)」を連発しているブログがありますが、これは宜しくありません。なぜおいしいのか、どうしてまずいのかがきちんと書いてあれば、閲覧者も同じように考えることが出来ます。

料理(飲食)は、究極的には国や地域、個人によってスタイルが違います。まずどのスタイルなのか表記がほしいところです。

たとえばベルギーの乳酸菌たっぷりのビールはビール純粋例のあるドイツでは「まずい」と言われるでしょう。それは国によってスタイルが違うことの代表的な例です。


2.コメントの中で時間の経過を見て取れる

居酒屋でも、入ってすぐは「取り敢えずビール」で、後半は日本酒やワインに移行すると思います。食事の流れというのは客にとっても店にとっても重要なものです。

食べきれない量の温かい料理をまとめて出して、食べ終わる前に冷めてしまっていないか。1杯目のドリンクに5分以上時間をかけていないか。時間の流れやタイミングは(コース料理でないと特に)書かれませんが、食事の内容(感想)を左右するくらい大切なことです。

味とサービスとオペレーションは三位一体で、飲食店の価値として表出します。

自分の得意分野の知識を絡めて検索をかけ、上のようなポイントをチェックして絞っていけば、お気に入りのブログに出会えるでしょう。
[PR]
by sake_writer | 2006-11-26 13:05
美味しいお酒を求めて、韓国へ~其の6~
韓国でお酒ばっかり飲んでいるわけではありません。日中も行動しています。とはいえお酒を飲んでいるのですが・・・。その証拠をちょっと紹介します。

c0095731_1215446.jpgソウルの真ん中を河川が流れています。現市長が首都再生のため断行したと聞いたことがあります。橋の下では水遊びをする子どもが。アイスキャンデーを販売しているおじさんもいました。

c0095731_12165779.jpg

和食のお店を発見。1日5食くらい食べていたのでここには入れませんでした・・・。

c0095731_1217531.jpgロッテホテルの傍にあるトニーローマで休憩、昼ビールです。ビールの状態は悪いです。けっこう繁盛していました。

c0095731_12202190.jpg

屋台でつまみぐい。トッポギとおでん(右端にある菜箸みたいなやつ。これに油揚げ状の魚のすり身が刺さっている)をオーダー。韓国の高校生と並んで立ち食いしました。そういえばドーナッツの屋台があって、女性が並んで立ち食いしているのを見かけました。

まだ韓国で飲み食いしたものの3分の1程度しか紹介していません。最後にもう1回、ダイジェストでまとめます。
[PR]
by sake_writer | 2006-11-25 12:31
美味しいお酒を求めて、韓国へ~其の5~

c0095731_0212870.jpg
東大門の屋台でわんたん入りのうどんを食べました。これが美味しい! 麺は熟成させていないようです。歯応えは物足りなく、ぶつぶつと切れる麺でしたが、さっぱりしたスープに臭いのある野菜を漬け込んだ香辛料をたっぷり入れると、やみつきになる味になりました。
c0095731_0214618.jpg

同行者は冷麺を注文。砂糖を大さじ数杯入れられたそうで、甘くて耐えられないと申しておりました。
c0095731_0224989.jpg

お茶は大きなポットから自分の湯飲みで掬います。冷たくて美味しい。衛生的には問題もありそうですが、とても満足できる食事でした。老若男女、誰もが日常的に屋台を利用しています。
[PR]
by sake_writer | 2006-11-25 00:22
横浜「燗BAR雪」が移転、新橋「花」としてリニューアルオープン
横浜の「燗BAR雪」を訪れました。酒販店であり、バーでもあります。
c0095731_1082323.jpg

冷蔵庫には日本酒の古酒(熟成酒)がたくさんあります。ここでは参加者を集って世界中の100年物のお酒や200年物のお酒を飲むイベントも行っています。しかし、近々移転します。
c0095731_109983.jpg

こちらが移転先、新橋のお店です。
c0095731_1093646.jpg

これが店内。本格的な営業はまだということで、横浜の「燗BAR雪」がオープンするまでの時間だけ、お店を開いているそうです。
c0095731_1095227.jpg

[PR]
by sake_writer | 2006-11-23 10:11
美味しいお酒を求めて、韓国へ~其の4~
夜、仁寺洞の屋台を訪れました。車道にあたる場所に何軒も並んでいます。車の通りは皆無なので問題ないのでしょう。

さて、テントのようなこの屋台、どの店も出しているものが同じに見えます。それでも混んでいる店と客がいない店に分かれていまして、当然人気のある店に入りました。

まず、何も言わずともチャミスル小瓶(360ml)とスープが出てきました。このスープは具が少なくて、薄味です。お通しとして出されたのではないだろうなと察しがつきます。料理を頼んで、残ったものをこのスープに入れて煮込んでもらってラーメンを投入するのでしょうか?・・・悩み続けましたが、お腹がいっぱいということもあってそのまま残してしまいました。
c0095731_9495478.jpg

左の皿がひな鳥の炒め物です。骨がたくさんあり、食べにくいです。原形をとどめているので、苦手な人は食べられないでしょう。臭いもあります。

右の皿は生蛸の炒め物です。屋台ですし、味とかはそれなりのものです。肉や魚といった食材が10種類くらい並べられていて、好きなものを選んで調理してもらえます。私は韓国語が喋れないので、あれこれ指差して、おばちゃんの身振り手振りにうんうんと頷いて、まあほとんどおまかせ状態なのですが、写真の料理が出てきたわけです。
[PR]
by sake_writer | 2006-11-23 09:50
美味しいお酒を求めて、韓国へ~其の3~
韓国の裏路地です。飲み歩きしたからこそこんなところを通れました。どこかで瓶の割れる音と怒声が聞こえます。ここら辺で飲めるようになったら上級者なのでしょう。私は移動して、別の場所で飲み直しました。
c0095731_2091252.jpg

[PR]
by sake_writer | 2006-11-22 20:09
多摩川の紅葉
紅葉を見に行ってきました。雨が降って葉に艶があります。関東はもうそろそろ散ってしまいます。季節のものは、その季節だけ楽しめばいい。人生の先輩のその言葉が思い出されます。
c0095731_20574376.jpg

[PR]
by sake_writer | 2006-11-20 20:58
美味しいお酒を求めて、韓国へ~其の2~
お酒を求める韓国の旅は続きます。ウエスティンホテルに入り、「オーキムズ」というバーでドラフトギネスと瓶のヒューガルデンを飲みました。合わせて21000W(3000円)ほどでした。
c0095731_23105760.jpg


このバーはエリアが3つに分かれていて、バーカウンターのあるメインエリアの他ソファのあるエリア、写真のビリヤードや映画のポスターがたくさんあるエリアとなっています。

ホテルとしてはやはりロッテホテルが最高級なのでしょう。1階部分を歩いてみたのですが、素晴らしいバーがあり足をとめてしまいました。高そうだったので中には入りませんでしたが、ジャズの演奏と間接照明の空間に酔わせていただきました。外に出るとすぐ酔いが覚めまして、そして先の記事にある安い居酒屋でプラムワインを飲んだわけです。

韓国の街角の写真・・・大通りに面した場所には目の眩むようなロケーションが多々あります。
c0095731_2314190.jpg

[PR]
by sake_writer | 2006-11-18 23:16
美味しいお酒を求めて、韓国へ~其の1~
最初に申し上げておきながら長らくお待たせしてしまいました。韓国への酒巡り旅行について少しずつ触れていきます。
c0095731_12473539.jpg


プロフの所にもあるこの写真は韓国の居酒屋(深夜)で飲んだプラムワイン小瓶(360ml)です。奥にあるのは鳥のスモークで、合わせて2000円くらいでした。ワインとは言いますが梅酒のような果実酒で、飲みやすいお酒でした。

このほかにもたくさん飲んできましたので、今後も写真と共にご紹介します。
[PR]
by sake_writer | 2006-11-17 12:49
横浜に仮設シャンパンバー登場
横浜ベイクオーターにスタンディングのシャンパンバーが登場しているそうです。12月3日まで、17時~21時となっています。

http://www.yokohama-bayquarter.com/event/event_detail.php?id=001150

屋外のようで、寛げないでしょうが、アペリティフとしていいのではないでしょうか。お手頃値段ですし。
[PR]
by sake_writer | 2006-11-14 16:32
  

お酒は生きています。お酒を深く知ることが日本を、世界を旅するきっかけとなればと思います。
by sake_writer
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お酒と四季のことば
ライター仕事
食べ歩き
読む聞く知る
散歩、旅
飲食店を始めるまで。
生産者(蔵元など)訪問
店主からのお知らせ
日々のご報告など
蕎麦に銘酒 野饗公式ブログ
今週のメニュー
そば栽培
未分類
最新のトラックバック
アペリティフの日
from みんなが注目してるコトとは?
セクシーボイス アンド ロボ
from セクシーボイス アンド ロボ
リアディゾンが松山ケンイ..
from 芸能お宝情報局
ファン
ブログジャンル
食べ歩き
料理家
画像一覧