蕎麦食い 大森「布恒更科」
もうちょっとあれやこれやと食べてみたいと思い、再訪しました。前回は平日の訪問で店内はがらりとしていましたが、今回は休日です。待つことはありませんが、ほぼ満席でした。ゆっくり飲む計画を改め、蕎麦を食べてすぐ帰ることにします。

頼んだのは深川蕎麦です。利用者の平均年齢は高いですね。皆さんこの店オリジナルの蕎麦を頼んでいます。百合根蕎麦ってどんな蕎麦なんでしょうね。

さて、登場しましたアサリのかけそば。ワケギをくたっと煮て、細かくカットしたアサリと貝割れにさっと火を通しています。柚子が一かけ入っています。

つゆは例の醤油です。かけにすると八丁みそのごとく、コクが感じられます。その分鰹節の風味などが覆われてしまいますが、アサリ出汁がしっかり感じられます。

蕎麦が熱い! 相変わらず蕎麦切りが正確です。アサリや鰹節や蕎麦といった素材を主役に押し上げるような演出はありません。ありきたりの1杯の蕎麦。でも、これをありきたりとして食べられるのって東京だけかもしれません。京都で食べ歩いてそのことに気がつきました。

次回は日本酒と肴、そして生粉打ちですね。
[PR]
by sake_writer | 2010-11-23 02:13 | 食べ歩き

お酒は生きています。お酒を深く知ることが日本を、世界を旅するきっかけとなればと思います。
by sake_writer
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お酒と四季のことば
ライター仕事
食べ歩き
読む聞く知る
散歩、旅
飲食店を始めるまで。
生産者(蔵元など)訪問
店主からのお知らせ
日々のご報告など
蕎麦に銘酒 野饗公式ブログ
今週のメニュー
そば栽培
未分類
最新のトラックバック
アペリティフの日
from みんなが注目してるコトとは?
セクシーボイス アンド ロボ
from セクシーボイス アンド ロボ
リアディゾンが松山ケンイ..
from 芸能お宝情報局
ファン
ブログジャンル
食べ歩き
料理家
画像一覧